男ダイエット.com~男のダイエット情報が満載!~

3ヶ月で10キロ以上やせた男の、ダイエット方法を紹介しているブログです。50歳手前でダイエットを決意!ダイエットを開始したときの体重は「83.6キロ」体脂肪「32%」でした。現在では70キロを切っており、現在でもダイエットを継続中です。50歳手前で、代謝が悪くなる年齢ですが、きちんと自分で決めたルールを守り、継続して続けることで結果が出ています。皆さんもあきらめずに、何歳になってもいい体は作る事ができます。それでは、私のダイエット方法をご覧下さい。

糖質制限ダイエットは3か月が限界

糖質制限ダイエットは3か月以上したら危険

  f:id:kanenori1970:20171114185925j:plain

 

糖質制限ダイエットとは、白いご飯・パン・パスタ・ラーメン等の炭水化物をカット・あるいは全く取らないで、糖質を少なくして痩せるダイエットの事です。

 

確かに、糖質をカットすると確かに痩せます。

 

ですが、糖質制限ダイエットは、長くても3か月で辞めないと危険です。

 

 

 理由は?

 

3か月以上してしまうと、肝臓がやられてしまいます。

 

炭水化物は、体に入るとブドウ糖になります。

 

このブドウ糖が体のエネルギーの元になります。

 

絶対に、ある程度は取らないと行けない栄養素です。

 

実際には、全栄養の60%程取らないといけない栄養素です。

 

その栄養を取らないと、どういう事になるのか?

 

入ってくる糖が少なくて、脳が飢餓状態と判断します。

 

そこで、はじめは体の脂肪から糖を集めます。

 

脂肪から糖を集めるので、脂肪はどんどん減っていきます。

 

勿論、痩せて行きます。

 

そして、脂肪の糖を使い切ると、次は筋肉からタンパク質を集めて、肝臓で糖を作ろうとします。

 

肝臓で無理やり糖を作ろうとすると、肝臓に非常に大きな負担をかけてしまいます。

 

そして、肝臓の機能が低下して肝臓本来の働き(解毒作用)ができなくなってしまいます。

 

そうすると、栄養不足になってしまって、最悪の場合は老廃物を排出できなくて、死亡する可能性も0とは言えません。

 

こういう事もあるので、糖質制限ダイエットは3か月が限界です。

 

確かに、私も糖質制限はしましたが、ある程度の炭水化物は摂取していました。

 

晩御飯でも、ご飯は150グラムは取るようにしました。(実際、満腹の時は食べない時はありましたが・・・)

 

朝は、ロールパンを食べていましたし。

 

糖質制限ダイエットを長くしている方は、一度血液検査もした方がいいですよ。

 

Γ-GTPが上がっていたら、肝臓に負担がかかっていて危険な場合があります。

 

肝臓に負担をかけて、肝硬変・肝がんになったら、せっかく痩せたのに全く無意味な事になります。

 

3か月、糖質制限ダイエットをしたなら、ある程度の痩せた事と思います。

 

3か月で、15キロ以上痩せた人も多いと思います。

 

糖質制限ダイエットの次は、バランスよく栄養をとって、徐々に痩せるダイエットに変更しましょう。

 

ちなみに、私はダイエット開始後3か月してから肝臓の検査を行いましたが、肝機能はすべて正常値になりました。

 

今では、昔みたいなバカ食いはせずに、ご飯の量も少し増やして、徐々に痩せるか現状の維持に取り組んでいます。

 

皆さんも糖質制限ダイエットには注意しましょう。

 

これは、素人の私の感想である事を申し添えておきます。